着物と和のお役立ち情報

着物でより日常生活を彩ってほしいとの思いから、
「着物と和のお役立ち情報」と題して
情報を発信中。

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第三弾)

とても好評でしたので、着物デザイナーによる柄についての解説の第三弾をご紹介します。 前回までの解説をまだご覧になられていない方はこちらもぜひご覧ください。   今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 菱の取り方の中に様々な柄を埋め込んだ、能衣裳を意識した意匠になっています。 流れのある古典...

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第二弾)

前回好評でしたので、着物デザイナーによる柄についての解説の第二弾をご紹介します。 今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 牡丹に菊としだれ桜を使った古典の王道的な意匠図案になっています。 柄の大きさも細かすぎず大きすぎずであらゆる人に着やすい振袖になっており、裾に配した丸文が花柄だけの意匠全体の構図...

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第一弾)

着物デザイナーによる柄についての解説をご紹介します。 今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 細かな古典柄が多くある中で、個性を出せるようにと、あえて柄は大きめの図案にしています。 花の題材も良く使われる桜や梅ではなく、椿の花を大きくアレンジしています。 椿の花は花弁が大きく、白と色の面積が大きいの...

くらやの大切なお客様

くらやのPHOTO婚

東京からのお客様 先日ご縁あって東京からわざわざスタジオのある岡山店までお越しいただき、PHOTO婚をさせて頂いたお客様がおられました。弊社代表の永山公望とご縁があったそうで、岡山観光も兼ねて東京からお越しいただいたとのこと。 どんなご縁でもお客様にとっては大切な一生に一度の思い出のお手伝いです。スタッフ一...

くらやの大切なお客様

振袖のレンタルも、母の振袖も。

一度きりの成人式だからこそご本人はもちろんご家族の皆様にもたくさんの思いがあるものです。 友達とかぶらない振袖を着たい! 自分のセンスにあう他にはない振袖を探したい! 写真もスタジオで撮ってアルバムで残したい! 母の振袖をリメイクして着たい! 母の振袖で写真は残したい、成人式は自分で選んだ振袖を着たい! &...

着物と和のお役立ち情報

20代・30代・40代―それぞれの魅力を引き出す着付けのポイント

洋服のファッションやメイクもそれぞれの年代ごとに合うスタイルがあるのと同様に、着物にもそれぞれの世代にマッチする着こなし方があります。 今回は、20代・30代・40代の年代別に、自然な美しさを引き出す着付けのポイントをまとめました。 ◆20代 10代の子供っぽさからは抜けつつも華やかな振袖を着ることができた...

着物と和のお役立ち情報

着物はどこで買う?呉服屋・リサイクル店・ネットショップの比較

やっぱり一枚は着物が欲しい!そう思ったとき、どこで着物を買えばいいでしょうか? デパートに入っている呉服屋、古着を扱う着物屋、あるいはネットのオークション・・・少し探すと、意外といろんなところで着物は手に入るもの。 そして、色んな種類から選びたい、試着できるところがいい、リーズナブルな価格を重視したいなど人...

着物と和のお役立ち情報

夏の汚れを解消しよう!自宅で着物を洗うコツ

とても暑かった今年の夏。洋服和服問わず、外出時はいつも以上に汗をかいたという方も多いのではないでしょうか。 襦袢はもちろん夏着物や浴衣も汗染みや臭いが気になる前に洗濯したいところですが、着物はTシャツやジーンズのように洗濯機でジャブジャブとは洗いにくいですよね。 ただし素材によっては着物も自宅で洗濯すること...

着物と和のお役立ち情報

日本美人はこう創る!和の伝統化粧品3選

◆日本人の化粧の変遷 「メイクアップ」というと女性が自分を美しく見せるというイメージがありますが、 戦国時代までは女性だけでなく身分の高い男性も化粧をすることが身だしなみとされていました。 日本のメイクの基本カラーは、白・黒・赤。肌を白く、眉を黒く、唇を赤色にするのが伝統的なお化粧です。 特に女性の場合は、...

着物と和のお役立ち情報

着物の暑さ対策

◆「夏の着物=暑くて大変」というイメージはありませんか? 暦の上ではもう秋。でもここのところ猛暑が続き、厳しい気温が続いています。 Tシャツ1枚でも暑いのに、ましてや重ね着する着物なんて!と思っていませんか? でも日々着物を着こなす人は「夏こそ着物が気持ち良い」と言います。 そもそも昔の人は一年を通して着物...