1. HOME
  2. ブログ
  3. 夏の汚れを解消しよう!自宅で着物を洗うコツ

夏の汚れを解消しよう!自宅で着物を洗うコツ

とても暑かった今年の夏。洋服和服問わず、外出時はいつも以上に汗をかいたという方も多いのではないでしょうか。
襦袢はもちろん夏着物や浴衣も汗染みや臭いが気になる前に洗濯したいところですが、着物はTシャツやジーンズのように洗濯機でジャブジャブとは洗いにくいですよね。

ただし素材によっては着物も自宅で洗濯することができます。季節の切り替わるこの時期、そろそろ夏物を清潔にしまいたいところ。
というわけで、今回は着物の洗いかたについて紹介していきます!

◆まずは着物の素材をチェック

いつも普通に洗っている洋服と同じ素材であれば、基本的には自分で洗うことができます。縮みやすい絞りや絹地、表面に凹凸のあるものはプロに任せましょう。

<木綿>
裏側など目立たないところを水につけて色落ちしないか確認しましょう。

<ポリエステル素材>
洗える着物として広く出回っていますが、念のため洗濯表示を確認してから洗いましょう。

<麻素材>
水洗いで大丈夫ですが、素材の特性上多少縮む可能性があります。

◆着物を洗ってみよう!

洗濯できるかどうか素材を確認したら、次は手順に従って実際に洗ってみましょう。

1.洗う前に予備洗いする

衿元や袖口の皮脂汚れ、食べこぼしなどのしみがないかチェックします。部分的な汚れがあればもみ洗いをしましょう。

2.たたんでネットに入れる

本だたみをして、洗濯ネットのサイズに折って入れます。着物を紐で留められる着物洗い専用ネットのようなものも市販されています。

3.洗濯機で洗う/手洗い

洗濯機を使う場合、中性洗剤(蛍光剤、漂白剤が入っているものは不可)で洗います。脱水は30秒以内にしましょう。
手洗いの場合はおしゃれ着用の中性洗剤をたらいに張った水に入れ、やさしく揉むように洗いましょう。

4.干す

着物ハンガーまたは物干し竿に、裾が地面につかないように注意して着物をかけます。手でシワを伸ばして乾燥させたのち、半乾きのうちにアイロンをかけましょう。

◆意外と簡単、自宅での着物洗い

「着物が面倒くさい」理由の一つに、着た後の処理があると思います。
カジュアルな洋服よりは丁寧に扱うべきものではありますが、着物の洗濯方法や収納管理などは慣れてしまえばどうってことはありません。
手洗いする分愛着も湧くもの。自分で工夫しながら着物を清潔に保ち、より親しんでみてくださいね。

Written by あやぽん

関連記事