着物と和のお役立ち情報

着物でより日常生活を彩ってほしいとの思いから、
「着物と和のお役立ち情報」と題して
情報を発信中。

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第五弾)

好評いただいております着物デザイナーによる柄についての解説の第五弾をご紹介します。 前回までの解説をまだご覧になられていない方はこちらもぜひご覧ください。   今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 重厚な古典柄を目指して作成しました。 貝桶や檜扇などの古典の道具紋を使用し、背中には几帳の...

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第四弾)

好評いただいております着物デザイナーによる柄についての解説の第四弾をご紹介します。 前回までの解説をまだご覧になられていない方はこちらもぜひご覧ください。   今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 日本の古典の花柄の代表ともいえる梅の花と松を題材に使って、古典柄ではありながら雰囲気が堅く...

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第三弾)

とても好評でしたので、着物デザイナーによる柄についての解説の第三弾をご紹介します。 前回までの解説をまだご覧になられていない方はこちらもぜひご覧ください。   今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 菱の取り方の中に様々な柄を埋め込んだ、能衣裳を意識した意匠になっています。 流れのある古典...

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第二弾)

前回好評でしたので、着物デザイナーによる柄についての解説の第二弾をご紹介します。 今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 牡丹に菊としだれ桜を使った古典の王道的な意匠図案になっています。 柄の大きさも細かすぎず大きすぎずであらゆる人に着やすい振袖になっており、裾に配した丸文が花柄だけの意匠全体の構図...

日本文化再発見

振袖の柄について着物デザイナーが解説(第一弾)

着物デザイナーによる柄についての解説をご紹介します。 今回はこちらの振袖についてです。 意匠制作意図 細かな古典柄が多くある中で、個性を出せるようにと、あえて柄は大きめの図案にしています。 花の題材も良く使われる桜や梅ではなく、椿の花を大きくアレンジしています。 椿の花は花弁が大きく、白と色の面積が大きいの...

着物と和のお役立ち情報

20代・30代・40代―それぞれの魅力を引き出す着付けのポイント

洋服のファッションやメイクもそれぞれの年代ごとに合うスタイルがあるのと同様に、着物にもそれぞれの世代にマッチする着こなし方があります。 今回は、20代・30代・40代の年代別に、自然な美しさを引き出す着付けのポイントをまとめました。 ◆20代 10代の子供っぽさからは抜けつつも華やかな振袖を着ることができた...

着物と和のお役立ち情報

着物はどこで買う?呉服屋・リサイクル店・ネットショップの比較

やっぱり一枚は着物が欲しい!そう思ったとき、どこで着物を買えばいいでしょうか? デパートに入っている呉服屋、古着を扱う着物屋、あるいはネットのオークション・・・少し探すと、意外といろんなところで着物は手に入るもの。 そして、色んな種類から選びたい、試着できるところがいい、リーズナブルな価格を重視したいなど人...